【2023年】マクドナルド 値上げ いつから?対象商品と節約術 

【2023年】

マクドナルド 値上げ いつから?

対象商品と節約術 

えっマクドナルド 値上げって?
いつから?
対象商品は?
値上がりばかりで嫌だな、節約術って無いかな? 

こんな疑問にお答えします。

こんにちは、明日香です、広告業界で働いております。

日々の業務が多く、残業も重なり結構ブラックな業界です。私にとってファーストフードは身近な食事で、特にマクドナルドはほぼ毎日食べてます。

そんなマクドナルドヘビーユーザーの私の体験から、おすすめの小ネタをブログでみなさまに公開します。

今回のマクドナルドネタは 

【2023年】マクドナルド 値上げ いつから? 値上げの対象商品と節約術

をご紹介いたします。

2022年9月以来の値上げとなります。

いつから?何がどれぐらい値上がりする?

普段から身近に利用しているマクドナルドだけに知っておきたいところです。

記事の前半では値上げの時期と値上げ前後の価格を比較で、記事の後半では上手な節約情報を紹介します。

では早速見てみましょう。

目次

マクドナルドの値上げ開始日と値上げ額は?

日本マクドナルド株式会社の公式ホームページの発表によれば

2023年1月16日よりマクドナルドの全体の約8割の品目の店頭価格が値上がりします。

今回の値上げは原材料、人件費、物流費、エネルギーコスト、為替変動の影響ということです。前回は2022年9月に値上があり約5ヶ月後の値上げで結構短い間の値上げという印象ですが、昨今の各社の値上げで止む終えないとも言えます。ただ普段の利用頻度が高いみなさまには痛手ですよね。( ><)

値上げとなる商品の種別と値上がり幅は以下の通りです。

値上げとなる商品の種別

価格改定商品の種別改定幅(税込)
バーガー類単品・バリューセット・ひるまック・ドリンク類10円~50円
チキンマックナゲット15ピース120円
ポテナゲ特大150円

※約40店舗(空港・駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗)では、店頭価格や改定幅が異なります。

2023年1/16(月)~ 主な価格改定商品の一覧

店頭価格

商品名【~1/15(日)】
従来価格(税込)
【1/16(月)~ 】
新価格(税込)
ハンバーガー150円170円
チーズバーガー180円 200円
チキンクリスプ 150円 180円
「ちょいマック」バーガーエグチ:220円
スパビ―:200円
エグチ:240円
スパビ―:220円
ダブルチーズバーガー370円400円
ビッグマック410円450円
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ500円550円
炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ490円540円
ひるまック (てりやきマックバーガー・フィレオフィッシュ)
ひるまック(ダブルチーズバーガー・てりやきチキンフィレオ)
ひるまック(ビッグマック)
550円
570円
600円
600円
620円
650円
チキンクリスプマフィン180円190円
ソーセージマフィン150円180円
エッグマックマフィン220円240円
マックグリドルソーセージ200円 230円
マックフライポテトSサイズ:160円
Mサイズ:290円
Lサイズ:340円
Sサイズ:190円
Mサイズ:330円
Lサイズ:380円
チキンマックナゲット5ピース
チキンマックナゲット15ピース
200円
590円
240円
710円
プレミアムローストコーヒー(ホット/アイス)
※Lサイズはアイスのみのサイズ
Sサイズ:100円
Mサイズ:150円
Lサイズ:210円
Sサイズ:120円
Mサイズ:180円
Lサイズ:250円
炭酸ドリンクSサイズ:100円
Mサイズ:220円
Lサイズ:250円
Sサイズ:120円
Mサイズ:240円
Lサイズ:270円
マックシェイク(バニラ・ストロベリー・チョコレート)Sサイズ:140円
Mサイズ:200円
Sサイズ:150円
Mサイズ:220円
ポテナゲ大(マックフライポテトLx1、チキンマックナゲット10ピース)
ポテナゲ特大(マックフライポテトLx2、チキンマックナゲット15ピース)
500円
800円
600円
950円
倍バーガー (ビッグマック・ダブルチーズバーガー)単品+100円 単品+200円

※上記は一例です。各メニューやセットの新価格につきましては、1月16日(月)以降に店頭やマクドナルド公式 サイト、マクドナルド公式アプリ等にてご確認ください。
※バリューセット®(単品+サイドメニュー+ドリンクMサイズのセット)は、従来通り単品+300円(税込み)でご注文いただけます。【 例 】ダブルチーズバーガーセット:単品400円+300円=700円( 税込み)
※夕方5時からの夜マック®の倍バーガーは、ビーフパティ2枚の商品が単品+200円(税込み)になります。それ以外のレギュラーバーガーは従来通り単品+100円(税込み)でご注文いただけます。なお、「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」は倍バーガーの対象外となります。
※約40店舗(空港・駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗)では、店頭価格や改定幅が異なります。


マックデリバリー価格

商品名【~1/15(日)】
従来価格(税込)
【1/16(月)~ 】
新価格(税込)
ハンバーガー190円220円
チーズバーガー230円250円
チキンクリスプ 190円230円
『ちょいマック』バーガーエグチ:280円
スパビ―:250円
エグチ:300円
スパビ―:280円
ダブルチーズバーガー430円480円
てりやきマックバーガー430円450円
フィレオフィッシュ430円450円
えびフィレオ460円480円
ビッグマック480円540円
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ580円660円
炙り醬油風 ベーコントマト肉厚ビーフ570円650円
ソーセージマフィン190円230円
エッグマックマフィン280円300円
マックグリドルソーセージ250円290円
マックフライポテトSサイズ:200円
Mサイズ:370円
Lサイズ:430円
Sサイズ:240円
Mサイズ:420円
Lサイズ:480円
チキンマックナゲット5ピース
チキンマックナゲット15ピース
250円
740円
300円
890円
プレミアムローストコーヒー(ホット/アイス)
※Lサイズはアイスのみのサイズ
Sサイズ:130円
Mサイズ:190円
Lサイズ:270円
Sサイズ:150円
Mサイズ:230円
Lサイズ:320円
炭酸ドリンクSサイズ:130円
Mサイズ:270円
Lサイズ:300円
Sサイズ:150円
Mサイズ:300円
Lサイズ:340円
ポテナゲ大(マックフライポテトLx1、チキンマックナゲット10ピース)
ポテナゲ特大(マックフライポテトLx2、チキンマックナゲット15ピース)
630円
1,000円
750円
1,190円
倍バーガー(ビッグマック・ダブルチーズバーガー)単品+100円単品+200円
デリ得 2人用セット2,100円2,240円
デリ得 3人用セット2,950円3,150円

上記は一 例です。各メニューやセットの新価格につきましては 、1月16日(月)以降にマックデリバリーや各種デリバリーサービスのご注文 ページにてご確認ください。
※バリューセット®(単品+サイドメニュー+ドリンクMサイズのセット)は、従来通り単品+360円(税込み)でご注文いただけます。【 例 】ダブルチーズバーガーセット:単品480円+360円=840円(税込み)
※夕方5時からの夜マック®の倍バーガーは、ビーフパティ2枚の商品が単品+200円(税込み)になります。それ以外のレギュラーバーガーは従来通り単品+100円(税込み)でご注 文 いただけます。なお、「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風ベーコントマト肉厚ビーフ」は倍バーガーの対象外となります。


McCafé by Barista価格

商品名【~1/15(日)】
従来価格(税込)
【1/16(月)~】
新価格(税込)
エスプレッソフラッペMサイズ:420円
Lサイズ:470円
Mサイズ:440円
Lサイズ:490円
チョコフラッペMサイズ:420円
Lサイズ:470円
Mサイズ:440円
Lサイズ:490円

※上記メニューは全国の “ McCafé by Barista ”併設マクドナルド店舗(237店舗※2023年1月16日時点)にて
販売しております。店舗一覧はマクドナルド公式サイトにてご覧 いただけます。
https://www.mcdonalds.co.jp/shop/barista/
※空港、 大都市圏の一部店舗では、店頭価格や改定幅が異なります。

※約40店舗(空港・駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗)では、店頭価格や改定幅が異なります。

https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2023/0106c/

引用:日本マクドナルド株式会社 公式 ニュースリリース

値上げの無い商品もありますが、多くの商品が対象となっております。

世界情勢の影響で仕方の無いところですが、値上げ分の厳しさを吸収する様な節約術をご紹介いたします。

値上げ分の節約術

マクドナルドの1回会計で 同じクーポン2回分を使う方法

マクドナルドのお得なクーポン、割引価格で商品を購入出来る必ず使いたいツールです。ただ同一商品を1回に2個までしか買えないところが厳しいところ。2回並び直すのも面倒だし、1回の利用で同じクーポンを2回使い4個の商品が割引価格で購入出来たらいいですよね?

そんな小技が下記の手順出来ます。

  1. 最初にクーポンで商品2個をモバイルオーダーで購入。
  2. 店舗でのドライブスルーで受取を選択しお店に受け取りに向かいます。
  3. ドライブスルーでモバイルオーダーの番号を伝え2個の商品を1回分のクーポンで購入します。
  4. さらにその場で追加の注文を依頼、通常の注文を受付てくれます。
  5. クーポン番号を伝え2個の商品をさらにもう1回分のクーポンで購入します。
  6. ドライブスルーで追加分の会計をし商品を受け取ります。
  7. これでモバイルオーダーでの受け取り分2個と追加注文分2個、合計4個の商品が1度に購入出来ました。

以下の記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

安価な代替えの効く商品をコンビニで購入

多少面倒ですが、代替えの効く安価な商品をコンビニで購入するとクーポン同様に節約が出来ます。私のよくやるやり方ですがご紹介いたします。 

ハッシュポテトをセブンイレブンのハッシュポテトで代用

代替え商品価格(税込)お得額(税込)
マクドナルドハッシュポテト → セブンイレブンハッシュポテト140円→112円28円

セブンイレブンのハッシュポテトは安価でヴォリュームもありオススメです。ただし脂っこいのでお好み次第ですね。

炭酸ドリンク(M)を缶コーラ500mlに代用

代替え商品価格(税込)お得額(税込)
炭酸ドリンク(M)→ 缶コーラ500ml(セブンイレブン)に代用240円→116円124円

コンビニで500mlのコーラに代替えをします、ボトルより缶が安価でオススメです。この代替は結構価格差がある為、お得が増します。ただ同じコーラなのですが不思議とマクドナルドのカップに入ったコーラの方が美味しく感じてしまうのは私だけでしょうか?

このように、クーポン利用と商品の代替えで値上げ分はほぼ吸収が出来ると思います。

購入毎に実施すると効果も大きいですね。(^^)

では、最後にまとめます。

まとめ【2023年】マクドナルド 値上げ いつから?対象商品と節約術 

この記事では、マクドナルドの2023年1月16日よりの値上げ情報と節約術について紹介いたしました。

  1. マクドナルドの値上げ開始日と値上げ額は?
  2. 値上げとなる商品の種別
  3. 店頭価格
  4. マックデリバリー価格
  5. McCafé by Barista価格
  6. 値上げの節約術
  7. まとめ

以上

また新しい情報を更新しお届けいたします、

ではまたお会いしましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

広告会社営業の明日香です。普段から調べものが多いため、自分の備忘録の一部をブログで公開してます。みなさまのお役に立てましたら幸いです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる